2010年03月01日

アレコ

『アレコ』(ロシア語: Алеко)はロシアの作曲家、セルゲイ・ラフマニノフによる一幕のオペラである。モスクワ音楽院卒業作品として1892年に作曲された。原作はプーシキンの物語詩『ジプシー』、台本はネミローヴィチ=ダンチェンコによる。作曲の経緯 アレンスキーの作曲科クラス。左からコニュス、モロゾフ、アレンスキー、ラフマニノフ。1892年4月3日(当時ロシアで用いられていたユリウス暦では3月22日)[1]、モスクワ音楽院作曲科でアントン・アレンスキーに学ぶの3人学生たちに卒業制作の課題として一幕物のオペラの台本が渡された。3人の学生とは、ラフマニノフのほかに、ニキータ・モロゾフと、ユーリ・コニュスである。彼らには4月19日(4月7日)までにこれを元にオペラを作曲することが課せられた。台本を手にするとラフマニノフはすぐさま家に帰り取りかかった。その日は折悪しく同居していた父が客人を連れ込んでいて作曲に集中できる状況になかったが、彼は辛抱強く翌朝から取り組み始め、4月6日(3月25日)には全曲が完成した。5月19日(5月7日)に卒業試験としてラフマニノフ自身により演奏され、金メダルを授けられた[2]。上演の歴史チャイコフスキーのはたらきかけにより、1893年5月9日(4月27日)にモスクワのボリショイ劇場にてアリターニの指揮で初演された。チャイコフスキーはリハーサルにも立ち会ったばかりでなく、実際の上演では聴衆の喝采を先導した。ラフマニノフは後に初演の成功はこのチャイコフスキーの喝采のお蔭だったと語っている。この初演は作曲者の父と祖母も鑑賞した。同年10月には作曲者自身の指揮でキエフ初演が行われた。ラフマニノフにとってこれがオペラ指揮者としてのデビューとなった。彼はこの公演のために、ペテルブルクで行われたチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の初演に立ち会うことができなかった。それぞれキエフとペテルブルクに旅立つ直前に、モスクワで互いの成功を期して言葉を交わしたのが両者の最後の別れとなった。 シャリアピン(左)とラフマニノフ1899年6月8日(5月27日)にはプーシキン生誕100年を記念して作曲者自身の指揮によりペテルブルク初演が行われ、フョードル・シャリアピンが主役を演じた。シャリアピンはサーヴァ・マモントフの主宰する私設オペラで出会って以来のラフマニノフの盟友で、彼は

早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件−東京地裁(時事通信)
兵庫・佐用町の学校に残る犠牲者の机 「一緒に進級、卒業を…」(産経新聞)
企業献金禁止めぐり与野党協議機関=鳩山首相、設置に前向き−党首討論(時事通信)
首相動静(2月3日)(時事通信)
春闘 首相「定昇難しい」(産経新聞)
posted by カメダ タツオ at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。