2010年04月05日

NOVA元社長を不起訴処分(産経新聞)

 経営破綻(はたん)した英会話学校「NOVA」の元社長、猿橋望被告(58)=業務上横領罪で有罪、控訴=が、自身の個人会社との不当な取引で資金を流出させ、約21億円の損害を与えたとして破産管財人から特別背任罪で告発された問題で、大阪地検は、会社に損害を与える目的が認められないなどとして、嫌疑不十分で不起訴処分にした。

【関連記事】
NOVA破産管財人、21億円賠償求め提訴
NOVA元社長をホテル監禁 容疑の男3人逮捕
NOVAの元社長をホテルで監禁 容疑の組員ら逮捕
NOVA元社長が控訴 懲役3年6月の実刑を不服として
NOVA判決 真相究明からほど遠く

国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(読売新聞)
「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)
広告にコンタクト価格表示させず、J&J立ち入り(読売新聞)
<踏切事故>名鉄犬山線で特急と衝突 乗用車運転の男性死亡(毎日新聞)
日医会長に親民主・原中氏 自民候補の推薦撤回、焦点(産経新聞)
posted by カメダ タツオ at 19:52| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

<ほめる育児>社会適応力高い子育つ 親子400組調査(毎日新聞)

 親にほめられたり、やさしい言葉をかけられた乳幼児ほど、主体性や思いやりなど社会適応力の高い子に育つことが、3年以上に及ぶ科学技術振興機構の調査で分かった。父親の育児参加も同様の効果があった。「ほめる育児」の利点が長期調査で示されたのは初という。東京都で27日午後に開かれる応用脳科学研究会で発表する。

 調査は、大阪府と三重県の親子約400組を対象に、生後4カ月の赤ちゃんが3歳半になる09年まで追跡。親については、子とのかかわり方などをアンケートと行動観察で調べた。子に対しては、親に自分から働きかける「主体性」、親にほほ笑み返す「共感性」など5分野30項目で評価した。

 その結果、1歳半以降の行動観察で、親によくほめられた乳幼児は、ほめられない乳幼児に比べ、3歳半まで社会適応力が高い状態を保つ子が約2倍いることが分かった。また、ほめる以外に、目をしっかり見つめる▽一緒に歌ったり、リズムに合わせて体を揺らす▽たたかない▽生活習慣を整える▽一緒に本を読んだり出かける−−などが社会適応力を高める傾向があった。

 一方、父親が1歳半から2歳半に継続して育児参加すると、そうでない親子に比べ、2歳半の時点で社会適応力が1.8倍高いことも判明した。母親の育児負担感が低かったり、育児の相談相手がいる場合も子の社会適応力が高くなった。

 調査を主導した安梅勅江(あんめときえ)・筑波大教授(発達心理学)は「経験として知られていたことを、科学的に明らかにできた。成果を親と子双方の支援に生かしたい」と話す。【須田桃子】

<訃報>大森実さん88歳=ボーン・上田賞のジャーナリスト(毎日新聞)
<規制改革分科会>メンバー41人を発表…枝野担当相(毎日新聞)
足利事件再審 警察庁刑事局長「厳粛に受け止める」(産経新聞)
<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)
<阿久根市>市職労が庁舎敷地から退去へ(毎日新聞)
posted by カメダ タツオ at 02:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)

 山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。

【関連記事】犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷

 この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。

 あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。

 「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

 「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

 飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

 下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
【関連特集】犬が教えてくれたこと
<しっぽの気持ち>人と犬の間の深い絆=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ボランティアがつなぐ命=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>私にできることは=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ガス室の不条理=渡辺眞子

<国家戦略相>高効率石炭発電も 国際協力銀の融資先で検討(毎日新聞)
首都高「山手トンネル」新宿―渋谷間開通(読売新聞)
EXILE事務所が1億所得隠し=東京国税局(時事通信)
JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)
<10年度予算>24日に成立へ 参院本会議(毎日新聞)
posted by カメダ タツオ at 06:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。